Skip to main content

まず一歩!顧客本意の連合会

【包装技術協会】セミナー、講習会等

【包装技術協会】セミナー、講習会等

***********************************
[Information 1] 平成31年1月度月例研究会(東京開催)のご案内

【プログラム】
①不織布成形で発想をカタチに -包装設計・デザイナーの方へ、製品の付加
価値を1.2倍高めるフェルトの立体成形技術でデザイン性の高い包装
大塚産業マテリアル(株)
(株)ツジトミ

②【ロングセラー】森永ホットケーキミックスについて
森永製菓(株)
【開催日】平成31年1月24日(木)13:15~17:00
【会 場】(公社)日本包装技術協会 会議室
【参加費】会員無料・一般3,240円(1部会、税込み)

詳細並びにお申し込みはこちらから↓
http://pna.y-ml.com/_cs?m=JPI&c=218&u=97924

***********************************
[Information 2] 平成30年度新潟県包装研究会(新潟開催)のご案内

【プログラム】
①「宇宙食の歴史と現状ならびに災害時の食への活用」
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)
②「冷凍食品、その知られざる魅力」
(一社)日本冷凍食品協会

【開催日】平成31年1月18日(金)13:00~16:10
【会 場】朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター3F 302会議室
【参加費】会員無料

詳細並びにお申し込みはこちらから↓
http://pna.y-ml.com/_cs?m=JPI&c=219&u=97924

***********************************
[Information 3] 第14回緩衝包装設計コースのご案内
―初級から中級クラスまでの包装設計者に対応―

輸送包装は、流通過程の種々の障害要因から製品を保護しなければなりません。
この「緩衝包装設計コース」では、落下衝撃、輸送中の振動に対する緩衝設計
技法を初心者の方でもわかるよう解説します。テキストには、代表的な緩衝包
装設計の実例「設計図・写真・試験データ」も収録し、中堅クラスの方の実務
書として、実際の業務に活用できるようにしています。
この機会に、関係各位お誘い合わせの上是非お申し込みください。

【プログラム】
1.輸送包装と緩衝包装
2.衝撃と振動の平易な力学
3.緩衝包装設計の手順
4.緩衝包装設計基本技法
5.緩衝包装設計の応用技法と総合演習
6.製品における緩衝包装設計
7.緩衝包装設計の実例

【講 師】(株)石野製作所
【開催日】平成31年1月22日(火)
【会 場】(公社)日本包装技術協会 会議室
【受講料】会員 25,920円・一般 36,720円(消費税・テキスト・副読本代込み)

詳細並びにお申し込みはこちらから↓
http://pna.y-ml.com/_cs?m=JPI&c=220&u=97924

***********************************
[Information 4] 第44回段ボール包装設計コースのご案内
―初心者を対象に段ボールの特性・包装設計を学ぶ―

段ボール包装は、近年の環境問題のクローズアップによって、企業各社見直し
の動きが具体化してきており、包装設計段階から省資源を目指すという傾向が
強く出てきております。本コースではこうした状況を捉え、段ボールの特性や
コスト計算・包装設計等の解説をした後、ケーススタディによって実体験する
とともに、グループ討議により最適設計を探ってまいります。
この機会に、関係各位奮ってご参加下さいますようご案内申し上げます。

【開催日】平成31年2月14日(木)~15日(金)2日間 10:00~17:00
【会 場】(公社)日本包装技術協会 会議室
【受講料】JPI会員43,200円・一般 54,000円(消費税・テキスト代込み)

詳細並びにお申し込みはこちらから↓
http://pna.y-ml.com/_cs?m=JPI&c=221&u=97924

***********************************
[Information 5] 54期包装管理士講座<受講者募集>のご案内(予告)
~斯界の権威者・経験者を講師陣に迎え、短期集中で実務研修~
包装・流通のスペシャリスト養成講座

【募集期間】2019年2月4日(月)~3月22日(金)まで
*願書は明年2月上旬に完成します(同時期に当会HPにも掲載します)
*出願受付は先着順で、定員になり次第締め切ります。

【定  員】470名
東京:225名 大阪:105名 名古屋:75名 福岡:40名 仙台:25名

【開 催 日】2019年6月4日(火)~9月11日(水)うち12日間
【出願会場】東京・大阪・名古屋・福岡・仙台
【合  宿】コース別に開講 [合宿地]ロワジールホテル豊橋(6月と9月に実施)
【座  学】出願会場別に開講(東京・大阪・名古屋・福岡・仙台)
【受 講 料】JPI会員308,880円・一般518,400円(税、資料代、合宿中の宿泊費込)
【講座概要】①講義(20教科)②包装論文 ③グループ討議 ④筆記試験 ⑤面接

***********************************
[Information 6] 第14回包装材料セミナーのご案内
―包装業界での環境への対応と期待される今後の取り組み―

【プログラム】
①「海外のパッケージの環境対策事情」
(株)パッケージング・ストラテジー・ジャパン
②「環境中での有機リサイクルを実現する時限生分解性プラスチックの提案」
群馬大学
③「トッパンの環境対応型パッケージの取組み」
凸版印刷(株)
④「容器包装プラスチックのリサイクルシステムの概略と容器包装に望むこと」
ヴェオリア・ジュネッツ(株)
【開催日】平成31年1月25日(金)  9:50~16:30
【会  場】富士ソフト アキバプラザ セミナールーム1
【参加費】JPI会員20,520円(3名同時申込みの場合一名16,740円)・一般 28,080円

詳細並びにお申し込みはこちらから↓
http://pna.y-ml.com/_cs?m=JPI&c=222&u=97924

***********************************
[Information 7] 暮らしの包装商品展2019 出展社募集中!

日本包装技術協会では、消費者の方を対象とした展示会「暮らしの包装商品展2019」
を、来年10月10日~11日に東京丸の内の商業施設「KITTE」に開催致します。
使いやすさ・環境配慮・鮮度保持など、様々な面において日々進化を続けている
「包装」は私たちの豊かな暮らしを身近なところからサポートしてくれています。
暮らしの包装商品展2019では、暮らしの中で何気なく使用している包装が、いか
に重要で、どんな役割を果たしているのかを、消費者の方に楽しくわかりやすく
理解を深めていただくことを目的に開催致します。
当会の事業で、消費者の方と直接コミュニケーションが取れる唯一の事業となっ
ておりますので、この機会に是非とも出展をご検討いただければ幸いです。

■開催概要
コンセプト:知ってなっとく!包装容器の新事実!
~身近な製品からみる包装の知られざる機能やひみつを紹介します~

会期:2019年10月10日(木)・11日(金)両日11:00~18:00(予定)
会場:KITTE (東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー)
       1Fアトリウム・地下1Fパフォーマンスゾーン
主催:公益社団法人日本包装技術協会
後援:経済産業省(申請予定)

出展費用(税抜):会員200,000円 一般280,000円
募集定数:12社(予定)
※1社あたり1小間のお申込みとさせていただきます。

お申込み・詳細は下記本展公式ホームページをご覧ください。
http://pna.y-ml.com/_cs?m=JPI&c=223&u=97924

***********************************
[Information 8] 日本MH協会:平成30年度第3回MHフォーラム
<最新自動梱包機特集>のご案内

日本マテリアル・ハンドリング(MH)協会では、業界内での情報交流を目
的とした講演会・MHフォーラムを開催しております。今年度第3回目となる
MHフォーラムでは、「最新自動梱包機」をテーマに下記の通り開催致します。
包装業界の皆様におかれましても、
この機会に関係各位奮ってご参加下さいますようご案内申し上げます。

【日にち】2019年1月31日(木)14:30~17:15
【会場】(公社)日本包装技術協会 会議室 
〒104-0045 東京都中央区築地4-1-1東劇ビル10F
【講演】
①“小物商品向け自動包装ラインGemini・GeminiS”
レンゴー(株)
②“サイズ最適化自動ボクシングテクノロジーCVP自動包装システム”
ネオポストシッピング

【参加費】会員= 5,400円(税込)・一般= 10,800円(税込) 
会員の方で、3名以上同時申込みの場合に限り:お一人様3,600円(税込)
※会員とは、日本MH協会の法人会員企業に所属される方、
もしくは同個人会員の方が対象です。
【定員】50名

詳細並びにお申し込みはこちらから↓
http://pna.y-ml.com/_cs?m=JPI&c=224&u=97924

***********************************
[Information 9] 物流生産性向上と物流システム設計講座のご案内

日本マテリアル・ハンドリング(MH)協会では、(独)高齢・障害・求職者雇
用支援機構(JEED)の認定を受け、現況を踏まえた物流システムの構築について、
短時間・集中的で分かりやすく基礎知識を講義する初めての講座を開設致します。
包装業界の皆様におかれましても、この機会に関係各位奮って
ご参加下さいますようご案内申し上げます。

【日時】2019年2月4日(月)10:00~17:00
【会場】(公社)日本包装技術協会 会議室 
〒104-0045 東京都中央区築地4-1-1東劇ビル10F
【内容】「生産性向上と投資効果を見極める」物流システム設計
【講師】物流システムマネジメント研究所 所長 尾田 寬仁氏

【講義概要】
今、ロジスティクス業界は大きな変革期を迎えています。特に厳しい人手不足
状況を踏まえて、人間の労働力だけでは物流を動かすことが、困難になりつつ
あります。IoTやAI化を見据え、現場の生産性向上施策とともに、物流の自動化
を図るに当り、設備やシステムの投資効果について集中的に講義いたします。
また、演習を組み合わせて、質疑応答をいたします。

詳細並びにお申し込みはこちらから↓
http://pna.y-ml.com/_cs?m=JPI&c=225&u=97924

***********************************